<   2010年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

幸せを呼ぶ黄色い……

新幹線の沿線にお住まいの方は一度は見たことがあるかと思いますが、「黄色い新幹線」ってご存知でしょうか?

通称「ドクターイエロー」と呼ばれるこの列車は、正式には電気軌道総合試験車といいまして、線路や電車線路などのの検査を行うための専用車両なのです。
本線を走行しながらレールや電車線の検査、測定、信号装置の検査を行っています。このように専用の列車によって、線路や電力などの総合的な検査を行うのは世界でもこの列車のみで、とても珍しい車両なのです。
しかも運行日程が不定期で、営業列車でもないので当然時刻表にも掲載されません。

そんなことから「ドクターイエローを見たら幸せになれる!」とまで言われています。
                    ↑(あくまでも個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません…)



っとゆう訳で、某月某日に撮影に行って来ました。

新幹線撮影といえば、お馴染み?の徳山駅なのですが、予定より早く着いたので駅前の商店街をウロウロ… カメラ店を発見したので冷やかし程度に覘いてみると、お客様が撮影した写真を壁いっぱいに展示してありました。写真に見惚れていると店員さんに声を掛けられ、アレコレ話してるうちに危うく7Dを買ってしまいそうになりました…

そそくさと駅へ戻り、500系とN700系の追い抜きシーンを撮影。

のぞみ38号(N700系)とこだま748号(500系)
c0213564_22293525.jpg





ドクターイエローの通過まで時間があったので、待合室で休憩していると、N700系7000番台の「さくら」編成が通過していきました。
試運転やってるなんて知らなかった…
とてもキレイな車体だったので撮影出来なかったのが残念です。


そうこうしてるうちに下りのドクターイエローの通過時刻が近付いてきました。
カメラマンの方たちも撮影場所を吟味しながらセッティングしています。
私はホームの中央あたりで撮影。


ドクターイエロー
c0213564_22463293.jpg





振り向きざまにもう一枚
c0213564_2247319.jpg








次の日に上りのドクターイエローの撮影を


練習がてらに、変わった構図で撮影しようと思いつき、遊んでみました。



N700系のマーク
c0213564_22542575.jpg
Nの字体がスピード感のあるデザインでカッコイイです。



鉄道写真は水平構図が定石なんですが、モタスポチックに斜め構図で狙ってみました。

のぞみ12号(N700系)
c0213564_225953.jpg






こだま729号(500系)
c0213564_2305342.jpg






のぞみ97号(N700系)
c0213564_2322045.jpg





ここで、ドクターイエローを縦構図で狙ってみようと思いつき、編成両数が近いレールスターで試し撮り。

ひかり550号(700系レールスター)
c0213564_2382177.jpg
なんとか画面内に収まったのでドクターイエローは縦構図で決定。





のぞみ20号(N700系)
c0213564_23115139.jpg






ひかり552号(700系レールスター)
c0213564_23125193.jpg






のぞみ3号(N700系)
c0213564_23134748.jpg





そして、いよいよ上りドクターイエローの通過時刻に。

この日は日曜日だったので、カメラマンの方たちに加えて、お子様連れのギャラリーがちらほらいらっしゃいました。
私の近くにも息子さんを連れたパパさんがビデオカメラをセッティングしていました。
息子さんは、どうやら「さくら」編成を見に来たようで、カメラをセッティングしてるパパさんに「さくら来るかな?」と、しきりに問いかけていました。

そうこうしてるうちに、やってきましたドクターイエロー
c0213564_23284543.jpg






バックショットは基本構図で
c0213564_23304125.jpg




ドクターイエローの通過後、近くにいた息子さんが「黄色い新幹線だったよっ!! ドクターイエローだよね?」っと興奮した様子でパパさんに話し掛けていました。
どうやらパパさんは息子さんにドクターイエローのことは内緒にしていたようです。

「パパさん、ナイスサプライズ!!」と心の中で叫びながら撤収しました。






このブログにお越しの皆様が幸せになれるようにと思い、記事にしてみました。
by photo-training | 2010-08-22 23:56 | 鉄道 | Comments(0)

2010関門海峡花火大会

8月13日に毎年行われる関門海峡花火大会に行って来ました。

この花火大会は関門海峡を挟んで下関(本州)側と門司(九州)側の両方から花火を打ち合う大会で毎年100万人前後の観客が集まる(全国2位の観客動員らしいです)真夏の一大イベントです。

撮影場所は下関にある火の山展望台へ行くロープウェイの駅の上です。
この場所は関門大橋と花火が同時に撮影できるので以前から狙っておりました。

実は、3年前と昨年も訪れたのですが、天候に恵まれず花火の音だけを聴いていました。
今年は台風一過を期待してたのですが、終日曇り空で時折通り雨が過ぎていき「今年もダメか?」と思いましたが、夕方頃から雨は止んでくれました。
但し、日中から風が吹いており、しかも花火の打ち上がる場所からは完全に風下です。
撮影条件としては決していい状態ではありませんが三度目のリベンジで撮影に挑みました。

花火撮影テクニックの記事がある本を買い漁り、頭に叩き込んでいたつもりでしたが、いざ花火が上がるとテンパってしまい散々な結果に終わりました…


では未熟ながら撮影した画像を…



撮影前に構図の確認
c0213564_1628854.jpg
左側が門司、右側が下関になります。海峡を跨ぐ光の筋が関門大橋です。





門司側の花火です。
c0213564_1631588.jpg







c0213564_16321545.jpg






c0213564_16323594.jpg






下関側の花火をタワーと一緒に
c0213564_1633921.jpg






関門大橋がライトアップ開始です。
c0213564_16341816.jpg






下関側の花火
c0213564_16354397.jpg






c0213564_16365360.jpg






c0213564_16372452.jpg







両方の花火と関門大橋
c0213564_16383884.jpg
一番撮ってみたかった構図なんですが花火が小さくなってしまいます。






なので、門司側の花火をアップで
c0213564_16403483.jpg






c0213564_16411879.jpg







下関側は煙がカブってたので門司側ばかり撮影してました。
c0213564_1643177.jpg






c0213564_16434286.jpg






c0213564_1644999.jpg
こうゆうのをアップで狙えば良かったんですがプログラムを入手出来なかったので…





c0213564_16463462.jpg







ここからは、大玉連発なんですが…
c0213564_16481710.jpg
風下の影響がモロに出てしまいました。





c0213564_16494513.jpg






c0213564_1650459.jpg






c0213564_16511056.jpg



花火の撮影は以上です。



お見苦しい画ばかりですが、なにぶん花火撮影は初めてでしたのでご了承を。




最後に関門の夜景を
c0213564_16561011.jpg






この後、渋滞にハマったのは言うまでもありません…
by photo-training | 2010-08-14 17:01 | 風景 | Comments(2)

撮りたいモノを撮る!                           


by まだまだ修業中…
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31